患者動向診断
コンサルティングTrend analysis

最初にお伝えさせてください。

外部の人間をいれる=自身に経営能力が無い。からでしょうか?
弊社のお客様は、医療に真摯に向き合う医院様が圧倒的に多いです。
ですが、決して経営に無頓着なわけでも経営が出来ないわけでもありません。

医師
管理者
出資者
経営者

歯科医師は、医師・管理者・出資者・経営者と4足のわらじを履いています。
経営は、時間があればデータを揃えて行うことができるでしょう。

では、なぜ弊社と契約するのか?

答えは、目と頭が増えるからです。院長の目は2つ。弊社も目は2つ。
目が4つになり、頭は2つになります。
考えるキャパは2倍になり、視点も2倍になる 多角的に物事を分析できるということです。

二つの視点、考察から分析が可能

普段のレセプト等のデータからでは分析できない 細かい情報をご提供・共有することから、今後の取り組みを策定していく。
このお手伝いこそが、弊社の患者動向診断コンサルティングとなります。

コンサルティングというと、 どうしてもアレルギーを持たれる先生もいらっしゃると思います。
ですが、現代はアウトソーシングの時代。 言うならば、餅は餅屋ということでしょうか。
任せられることは外部に任せて、 よりスピーディーで的確な戦略策定と診療に集中していただき 患者さまへ最高の医療をご提供するためにご契約を頂いているのが現状です。

弊社は売上だけを伸ばしたい医院様とは契約しておりません。
安定経営の先に、設備投資をしてより良い治療を提供したい。 スタッフへ還元しQOLの向上を目指したい。 など、医療人として真っ当な先生方・クリニック様とお付き合いしたいと考えています。

もう一度お伝えさせてください。

コンサルティングを契約するのは 「経営が出来ないから」ではありません。
ご契約を頂いている医院様に言えることは、 平均値より経営感覚は優れているということです。
経営はしっかり出来るけど、細かいところは任せて “4つの目と2つの頭”で スピード感と確実性を出したい先生が弊社のお客様となっております。

コンサルティングイメージ
治療
患者動向診断コンサルティング
  • PHASE.01症状を訴え来院
  • PHASE.02P基検
  • PHASE.03X線
  • PHASE.04口腔内診査
  • PHASE.05主訴改善
  • PHASE.06治療計画
  • PHASE.07治療開始
  • PHASE.08メンテ
  • PHASE.01ご契約
  • PHASE.02ヒアリング
  • PHASE.03キックオフミーティング
  • PHASE.04診断(診断各項目を詳細に)
  • PHASE.05早急な部分は戦略着手
  • PHASE.06診断継続
  • PHASE.07戦略・取り組み
  • PHASE.08精査改善

歯科治療と同じでエビデンスを元にクリニックの安定経営を目指していきます。
「数字は数字でしかない しかし、答えは数字にしかない」
数字を見て 医院を見て 過去を見て 未来を見て 戦略を組むこと
そこから安定経営を目指し維持すること
それが 患者動向診断コンサルティング の意味意義です。

X+Y=Zという方程式で医院の経営を見るならば、
Z・・・収支状況(結果から過去を振り返る P/L B/S)
X+Y・・ 患者動向+医院システム(患者の動向から数字を適正化に導く)

Zを導きたすための方程式の部分(X+Y)を 患者動向から診断・分析し、戦略策定し、
数字的根拠と現場の状況から医院力を上げていきます。

レセプトで見える数字は、 レセ枚・保険点数・平均点・保険種別・来院区分などがあります。
ここからでも大枠の数字は見えます。 しかし、レセプトからは見て取れない数字にこそ、 重要なヒントが隠れているのです。 本質を見極めてこそマストな経営戦略を組むことが可能になります。

経営診断フロー
  • STEP.01患者動向管理シートへ記入
    月初〜月末
    (医院様)
  • STEP.02弊社にFAX
    (翌月10日まで)
    (医院様)
  • STEP.03診断作業
    (弊社)
  • STEP.04診断結果郵送
    (当月内)
    (弊社)
  • STEP.05双方の都合を合わせ訪問
    (2ヶ月に1度)
    (月次・ミーティング)

以下のお悩み等があればご相談ください

Case.01

キャンセルが多い・・・

HPで告知しているから大丈夫と思っていますか?
キャンセルをする来院区分を見れば告知のツールを限定出来ます。

Case.02

スタッフの雇用状態がわからない・・ 生産性を分析すれば適正値がわかります。
増員が可能なのか、今の人員が過多なのか

Case.03

医院が成長しているか知りたい 保険点数や総収入が一緒でも中身を見ることでわかります
売上は結果として重要ですが、一番重要なのはその中身です

Case.04

賞与/人件費の適正金額は? どんぶりではダメです。 収支バランスと未来予想図から人件費を割り出します。
前年度賞与支給額と比較して今年も支給。。 それは賞与の本質ではありません

Case.05

ユニットを増やす箱がない・・ 患者を増やすのが無理ならば、単価を上げる  自費へ移行させる必要がありますね?
ファン化を図るための取り組み(システム作り)が必要です。

Case.06

ユニットを増やすタイミングがわからない ブランディングによりますが、 医院の状況から増設時期のご提案を行います。
やみくもに増設すればいいと言うものではなく、 タイミングが重要です。

Case.07

メンテが増えない スタッフさんのスキル、クリニック全体の意識はどうですか?
クリニックとしてのシステムの確立が先かもしれません。

Case.08

お金の流れがわからない 財務諸表(損益計算書・貸借対照表)から医院の運動量と体の状態をチェックします。
クリニックの健康状態がどうなっているのかを把握して物事を考えることが重要です。

料金例

レギュラープランRegular Plan

初期費用
¥100,000-
ヒアリング・キックオフ全体ミーティング込み
月額診断料
¥40,000-
2ヶ月に1回訪問し月次を行います(戦略策定・院内MT込み)

※1回訪問時間 基本90分
※交通費は月額料金に含む(青森県・秋田県・岩手県) その他の地域は実費となります。

エアープランAir Plan

初期費用
¥70,000-
ヒアリング(メールや電話・オンライン会議システム使用にて)
月額診断料
¥25,000-
訪問なし 診断書ベースでのやりとりとなります

※オンライン会議システム等使用で2ヶ月に1回月次をご希望の場合は、月+¥5,000-
(AIR PLANからレギュラープランへのアップグレード可)

軸となる患者動向診断コンサルティングに付随し、以下の項目について対応可能です。
財務諸表との連動診断・適正賞与額診断・スタッフ面談・面接・評価・月次ミーティング・器材選定や導入時期等のご相談等、器材や材料の販売以外は全て対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

患者動向を把握した上で、内向きの媒体をご提案する場合がございます。
外向きの広告戦略では意味をなさないケースで効果を発揮できるツールとなります。
強み・弱みを把握してこその戦略となります。

院内ファン化ツール

リーフレット制作
構成・ライティング・デザイン・印刷費用込み
患者さまのご家族やご友人への紹介ツールとして、紙媒体HPのイメージで構成
¥70,000-
コンセプトブック制作
構成・ライティング・デザイン・印刷費用込み
医院のストロングポイントを初診の方向けとしてわかりやすく構成
¥35,000-
ニュースレター制作
構成・ライティング・デザイン・印刷費用込み
医院完全オリジナルの内容にて構成し、患者さまのお手元へ(毎月/隔月等はご相談の上)
¥55,000-

CONTACT US

歯科に関する事なら
弊社にお任せください。
お気軽に
ご相談・お問い合わせください。

VIEW MORE